[Optimizely Classic]その他のプラットフォームの連携

Optimizely と Google Analytics Classic の統合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトトラフィックを監視するために Google Analytics(GA)を使用しているなら、 GA が収集する他のデータと共に Optimizely 実験の結果を参照することができます。 この記事では、Google Analytics の実装方法を説明します。

Optimizely と Google Analytics を統合する理由

  • Google Analytics で追跡する指標に Optimizely の実験がどのように影響するかを直接確認できます。

  • 実験の各バリエーションの Google Analytics データを表示できます。

  • Optimizely の実験に正常に振り分けられた訪問者に基づいて Google Analyticsレポートをフィルタリングし、正常に振り分けられなかった訪問者を除外できます。

  • リダイレクト実験を実行中であり、データを GA で表示する予定の場合、アクセス元情報を正しくレポートするためにこの統合を有効にする必要がありま す。この統合を有効にしないと、Optimizely で必要な変数を設定できず、トラ フィックが「ダイレクト」として報告されます。


まずホームページの [統合] タブを開きます。[Google Analytics] を選択し、右の詳細サイドバーでボタンを [ON] に切り替えます。

1

個々の実験に対して Google Analytics を有効にするには、エディターでその実験に移動し、[オプション] > [統合] をクリックしてください。

前提条件

Optimizely では現在、次に示すような最新バージョンの GA 追跡コードだけがサポー トされています。

2

  • 古い gat オブジェクトの代わりに gaq を使用して追跡呼び出しを作成する場合には、次の点に注意してください。現在、_gaq を使用するページだけがサポートされています。最新の追跡コードを入手するには、Google Analytics で [管理] タブに移動し、[トラッキング情報] > [トラッキングコード] をクリックします。

  • GA 追跡コードは、ページの <head> セクションの下部に配置する必要がありま す。Optimizely スニペットが GA スニペットよりも上に位置していない場合、 Google Analytics との統合が適切に機能しません。

  • Optimizely は、Google Analytics との統合にカスタム変数を使用します。カス タム変数は、追跡呼び出しあたり 5 スロットに制限されています。実験ごと に、別の実験または別の追跡アクティビティで使用されていないスロット番号を選択してください。

  • 統合が機能するためには、Optimizely の実験が実行中であることを確認してください。

 

注:
Optimizely の分析が機能するために Google Analytics との統合は必須ではあり ません。2 つのプラットフォームが統合されていない場合でも、Optimizely の実験の間接的な効果(バリエーションのコンバージョン率の増加など)を GoogleAnalytics で確認できます。

 

GOOGLE ANALYTICS との統合の有効化

実験ごとに Google Analytics との統合を有効にできます。有効にするには、エディタ ーで [オプション] > [統合] に移動し、次に [Google Analytics] チェックボックスをオンにします。

3


複数の Google Analytics トラッカー

複数の Google Analytics アカウントで使用する複数のトラッカーがページに組み込ま れている場合は、そのうちの 1 つのトラッカーに統合できます。デフォルトでは、Optimizely はデフォルトトラッカーを使用しますが、別のトラッカーを選択すること もできます。そのためには、[カスタムトラッカーの指定] フィールドにそのトラッカーを入力します。


次の例では、アカウント UA-65432-1 がデフォルトトラッカーにより追跡されるた め、このアカウントが Optimizely の実験データを受信します。アカウント UA-65432-2 はトラッカー「t2」により追跡されるため、実験データを受信しません。

4

複数の Google Analytics アカウントを同時に使用する方法の詳細については、次のページを参照してください。


http://code.google.com/apis/analytics/docs/gaJS/gaJSApi_gaq.html

http://code.google.com/apis/analytics/docs/tracking/asyncUsageGuide...

 

データの表示

1. [レポート] タブをクリックし、次にフレームの左上隅にある下向き矢印をクリックしてください。

5

2. [新規セグメントの作成] をクリックし、次に [詳細設計] タブの下の [条件] をク リックして、カスタム Optimizely 変数の設定を開始してください。

6

3. 次に Optimizely の実験のキーを設定します。ドロップダウンをクリックして指標を追加し、[カスタム変数(キー X)](X はOptimizely テストに対して選択し たカスタム変数スロット)を選択してください。たとえば、カスタム変数スロット1 を選択した場合はドロップダウンから [カスタム変数(キー 1)] を選択します。

7

4. 「Optimizely」という単語を入力開始すると、有効な実験のリストにデータが取り込まれます。適切な実験を選択してください(スニペットをインストールし、GA との統合を有効にしてから、GA がデータを認識し、この自動取り込みが機能し始めるまでは、最大で 24 時間かかることがある点に注意してください)。

8

5. 次に、キーに対応する値を設定します。このため [And] 条件を使用して別の指標を追加してください。

9

[カスタム変数(値 X)](X は、実験指標の X に対応)を選択します。たとえば、実験で値 01 を選択した場合は [カスタム変数(値 01)] を選択してください。

10

6. バリエーションの名前を入力してください。空白のテキストボックスをクリッ クすると、使用可能なバリエーションが表示されます。選択できるバリエーション は一度に 1 つだけです。たとえば次に示す図では、[オリジナル] を選択してその値を追跡できます。

7. これにより、すべてのデータをこのカスタム指標に基づいて表示できます。し たがって [保存] をクリックすると、新しい拡張セグメントが表示されます。実験に各バリエーションを追加するのに必要な回数だけこの操作を実行してください。 前述の例の場合、変数を初めて作成するときに [オリジナル] を選択した場合は、値 [Variation_1] を使用して新しい変数を設定してこの処理を繰り返します。別の バリエーションがある場合は、[Variation_2] で別の変数を作成できます。

8. カスタム変数を表示するには、[訪問者グループ] > [カスタム] > [カスタム変数]に移動します。これまでに設定した各種カスタム変数が表示されます。

12

9. Optimizely の実験に関連付けられているカスタム変数をクリックし、次に下部にある [適用] をクリックしてください。

13

14

10. 実験のタイトルとして「Optimizely_[実験タイトル]」が表示されます。このタ イトルは 28 文字で切り捨てられます。バリエーションのタイトルは、先頭の 24文字で切り捨てられます。ラテン文字以外の文字を含む実験とバリエーションのタ イトルは、Google Analytics で正しく報告されない可能性があります。

多変量テストでは、最大 4 つのバリエーションタイトルが、それぞれ切り捨てら れ、チルダ(~)で結合されます。たとえば「blue~green~purpl~red」となります。

11. カスタムセグメントが選択されている場合、該当する Optimizely の実験/バリエーションの組み合わせによりデータが分割されます。

15

統合の確認

GA のカスタム変数に含まれている訪問者固有の情報は、イベントやページビューと 共に送信できます。データが GA に取り込まれるまでに最大 24 時間かかります。た だし、GA と Optimizely を統合すると即時にカスタム変数が設定されるため、Google Analytics のデバッガーツールを使用してカスタム変数が正しく設定されているかどうかを確認できます。

デバッガーツールを使用して、変数 customVar [x](「x」は、Optimizely の実験に対応するスロット)を検索します。この変数は Optimizely の実験に設定され、その後に振り分けられた変数が続きます。

次に例を示します。

Custom Var 1: label:'Optimizely_HomePage (1645002506)' value: Variant#1' scope:'2'

 

The following two tabs change content below.

管理者

最新記事 by 管理者 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ 資料ダウンロード