[Optimizely Classic]実験のビルド

[Optimizely Classic]実験のビルド

ビジュアルエディター

WYSIWYG(What You See Is What You Get)エディターとも呼ばれる Optimizely ビジュアルエディターを使用すると、実験のページのバリエーションをすべて視覚的な形式で作成できます。ベ […]
[Optimizely Classic]実験のビルド

アクティブ化モード: ページロード後

デフォルトでは、すべての Optimizely の実験は、Optimizely コードスニペットがページにロードされると直ちに評価されます。つまり訪問者は、ページロードのこの時点で URL と訪問者グループのターゲット設 […]
[Optimizely Classic]実験のビルド

リダイレクト実験: 個別URLのテスト

比較する 2 つのランディングページがありますか。または、ページの 2 つの個別のバージョンがありますか。訪問者を異なるバリエーションの別の URL にリダイレクトする「URL の分割」実験を作成できます。つまりOpti […]
[Optimizely Classic]実験のビルド

多変量テスト

注:多変量テストは、特定のプランタイプでのみご利用いただける機能です。多変量テストでは、簡単な変更を数パターン作成し、様々な変更の組み合わせがページ上のパフォーマンスにどのように影響するかをテストできます。多変量テストを […]
[Optimizely Classic]実験のビルド

実験タイプ: A/B、多変量、複数ページ

Optimizely では、ユーザーに 3 つの異なる実験タイプが提供されます。これらは、A/B テスト、多変量テスト、または複数ページ(ファネル)テストです。この記事では、これら 3 つのタイプについて簡単に説明し、作 […]
[Optimizely Classic]実験のビルド

複数ページ(ファネル)実験

注:複数ページ(ファネル)実験は、特定のプランタイプでのみご利用いただける 機能です。複数ページ実験を使用すると、異なる複数のページのバリエーションをリンクするこ とができます。たとえば、ページ 1 の元のバージョンが表 […]
お問い合わせ 資料ダウンロード