よくあるご質問

Optimizely Classic

Optimizely Classicについて質問のある方はこちらをご覧ください。

OptimizelyX WebExperimentation

Optimizely X Web Experimentation(A/Bテスト)は、これまでのOptimizely Classicの強みを生かし、かつパワフルな新機能を搭載した製品です。
Optimizely X Web Experimentationについて質問のある方はこちらをご覧ください。

新着一覧

OptimizelyとGoogle Universal Analyticsの連携方法

[Optimizely Classic]その他のプラットフォームの連携

Google Universal Analytics(UA)を使用してサイトのトラフィックを監視する場合、Optimizely の実験結果と、UA が収集するその他のデータを並べて確認できます。この記事では、Google Universal Analytics の実装方法を説明します。

非エンジニアでもわかる「jQuery」

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

この記事では、Optimizely Code Editorで使用できる一般的なjQuery関数を紹介します。

Extension(拡張)機能の設定

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

この記事ではExtension(拡張)機能の設定について説明します。

オーディエンス機能

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

この記事ではオーディエンス機能について説明します。

イベントの設定

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

この記事では、イベントの設定について説明します。

Metric(目標)の設定

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

この記事ではMetric(目標)の設定について説明します。

OptimizelyX上でのページ設定方法

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

この記事ではOptimizelyX上でのページ設定方法について説明します。

Optimizelyで実験をするページの設定

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

この記事ではOptimizelyで実験をするページの設定について説明します。

OptimizelyXのビジュアルエディター

[Web Experimentation]OptimizelyXの設定

OptimizelyXのビジュアルエディターを活用することで、コードを書かずに素早く顧客体験を改善できます。また、カスタムコードを使用することで、CSS・Javascriptをコーディングして顧客体験を改善できます。

OptimizelyXとClicktaleの連携

[Web Experimentation]その他のプラットフォームの連携

OptimizelyXとClicktaleが連携することにより、Clicktale上でOptimizelyのExperimentやVariation情報毎の顧客体験データを参照することができます。本記事では、連携の手順についてご紹介します。

お問い合わせ

すべてのデバイス、チャンネル、すべてのユーザーとのタッチポイントで
最適な顧客体験を提供できます。